2006年08月22日

ものづくり連携大賞

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は補助金助成金情報ではありませんが、大賞に輝くと賞金100万円がいただける「ものづくり連携大賞」をお知らせいたします。

【対象事業】
2005年1月から2006年3月までに、大学と企業の産学官連携(技術移転や共同研究など)により、知的財産の社会的活用にある程度のメドがついた案件

【対象事業者】
大学や機関、プロジェクト、グループ、個人など。

【支援内容】

a)表彰
「モノづくり連携大賞」(100万円)をはじめ、「日刊工業新聞社賞」、「NEDO賞」、「特別賞(アイデア賞やベストコーディネーター賞など)」
がございます。

【公募期間】
平成18年8月31日まで

【問い合わせ】
日刊工業新聞社


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします
posted by 西井克己 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

補助金 平成18年度「地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業」二次公募

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は補助金情報 
平成18年度「地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業」二次公募をお知らせいたします。

【対象事業】
地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業として、バイオマス熱利用に係るシステムを実際に設置し、熱利用を最大限行った場合における長期運用データの収集・蓄積・分析を行う事業

フィールドテストとしては
(1) ユーザー系熱利用モデルフィールドテスト
 実用化事例はあるものの十分に普及していない技術事例であり、以下に指定した[1]〜[5]の分野に該当し、フィールドテスト実施によるバイオマス熱利用の普及への寄与効果が高いもの。
 [1] 「木質系バイオマス直接燃焼システム」
 [2] 「木質系バイオマスコジェネ型システム」
 [3] 「鶏糞燃焼システム」
 [4] 「食品系バイオマスエネルギー化システム」
 [5] 「燃料化システム(木質・食廃・畜糞・汚泥等)」
上記のうち、当該フィールドテストとして実施するのに適したもの。

(2) 新規エネルギー利用技術フィールドテスト
a. エネルギー変換システム
 ・ガス化等の熱化学的変換技術による燃料化プロセス
 ・メタン発酵等の生物化学的変換技術による燃料化プロセス
 ・その他新規性のある燃料化プロセス

b. エネルギー利用システム
 ・上記エネルギー変換システムによる燃料を利用した熱利用プロセス(コジェネレーションシステムを含む)
 ・直接燃焼による熱利用プロセス

があげられます。

【対象事業者】
企業、地方公共団体等の法人

【対象期間】
設備設置後原則2年間

【支援内容】
対象経費の1/2をNEDO技術開発機構が負担します

【公募期間】
平成18年8月11日〜平成18年9月14日

【問い合わせ】
NEDO技術開発機構 新エネルギー技術開発部


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします
posted by 西井克己 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

補助金 物流効率化推進事業

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は補助金情報「物流効率化推進事業(2次募集)」をお知らせいたします。

公募期間(8月1日ー8月31日)以外はほとんど変わりませんので5月10日の1次募集の
記事
を参考にしていただけると幸いです。

問い合わせ先
中小企業庁 経営支援部 商業課

人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします
posted by 西井克己 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

助成金 平成18年度「社会技術研究開発事業」研究提案募集

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は助成金情報 
平成18年度「社会技術研究開発事業」研究提案募集をお知らせいたします。

【対象事業】
(1)ユビキタス社会のガバナンス
(2)21世紀の科学技術リテラシー


【対象期間】
3年以内

【支援内容】
(1)ユビキタス社会のガバナンス
 ・研究費 : 100〜 500万円程度
 ・研究期間:6ヶ月
 これにより調査研究を進めたところで課題数を絞り込み、
   ↓ 平成19年度より、当該課題を
 ・研究費 :1,000〜2,000万円/年
 ・研究期間:2.5年以内にて進めます。

(2)21世紀の科学技術リテラシー
 
  ・研究費 :200〜2,000万円/年
  ・研究期間:3年以内

【公募期間】
平成18年7月21日〜平成18年9月4日

【問い合わせ】
科学技術振興機構社会技術研究開発センター運営室

人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします
posted by 西井克己 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

助成金 平成18年度 バイオインフォマティクス推進事業研究開発課題

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は助成金情報 
「平成18年度 バイオインフォマティクス推進事業研究開発課題」をお知らせいたします。

【対象事業】
ライフサイエンス分野における大量、複雑化するデータを対象に、知識を発見する数学的な理論及び情報科学の要素技術の開発、また、効果的な理解と発想を促すような表現技術、生物情報データベースを活用する情報科学技術等の研究開発領域

【対象期間】
3年間

【支援内容】
1課題あたり年間2〜3千万円程

【公募期間】
平成18年8月1日〜平成18年9月12日

【問い合わせ】
科学技術振興機構 研究基盤情報部 バイオインフォマティクス課

人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします
posted by 西井克己 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

補助金 平成18年度 地域地球温暖化防止支援事業「代替フロン等3ガスの排出抑制設備、施設の実用化支援事業」に係る助成事業者の第2次公募

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は補助金情報 
「代替フロン等3ガスの排出抑制設備、施設の実用化支援事業(第2次公募)」をお知らせいたします。

【対象事業】
代替フロン等3ガスを使用する全ての分野・業種における、代替物質または代替技術の応用研究や適用研究。

【対象事業者】
単独ないし複数で助成を希望する、地方公共団体、民間企業、研究組合、公益法人

【対象期間】
平成18年度内
(原則1年間だが、内容によっては平成19年度にまたがることも可能)

【支援内容】
民間企業等(研究組合、公益法人を含む)については1/3以内、
地方公共団体については1/2以内

【公募期間】
平成18年6月28日〜平成18年8月28日

【問い合わせ】
NEDO技術開発機構環境技術開発部温暖化対策グループ

人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

posted by 西井克己 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

補助金 平成18年度 住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(BEMS導入支援事業)二次公募

おはようございます。中小企業診断士F-Lightsです。
今日は補助金情報 
「平成18年度 住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業(BEMS導入支援事業)二次公募」お知らせいたします。

【対象事業】
1] BEMSを既築、新築、増築及び改築の建物に導入すること。
[2] BEMSの導入によって、エネルギー消費量を削減できること。ただし、エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づき、新築、増築及び改築の建築物については「建築物に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」に準じた性能を満たすものであること。
[3] 熱源(冷凍機、ヒートポンプ、冷却塔)、ポンプ、照明コンセント、その他第2回 平成18年5月 9日(火)〜平成18年6月1の設備区分ごとにエネルギー計量ができること。
[4] 計測・計量のデータを収集し、保存できるエネルギー管理体制が整備されていること。
[5] 補助事業の遂行能力を有し、BEMS導入後、3年間継続して省エネルギーに関する報告が可能なこと。

【対象事業者】
BEMSを既築、新築、増築及び改築の民生用の建築物に導入する際の建築主等(所有者)、ESCO(シェアードセービングス)事業者、エネルギー管理事業者、リース事業者。

【支援内容】
 補助率 1/3
 1件当たりの上限は1億円。ただし、経費区分(設計費、設備費、工事費、諸経費)のうち工事費への補助金の上限は、[1]2,700万円、[2]機器の製造・購入等に要する費用の35%、[3]実際の工事費のいずれか最小額の1/3とする。

【公募期間】
平成18年7月26日(水)〜8月31日(木)

【問い合わせ】
NEDO技術開発機構 エネルギー対策推進部


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

posted by 西井克己 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。