2009年07月28日

富山県新世紀産業機構 創業・ベンチャー挑戦応援事業

こんにちは、北陸の中小企業診断士西井克己です。
さて、本日は富山県新世紀産業機構 創業・ベンチャー挑戦応援事業をお知らせいたします。

【対象事業者】
(1)申請から1年以内に県内で創業予定(NPO法人の設立を含む)の方
(2)県内で創業後3年以内の中小企業者(NPO法人等を含む)

【支援内容】
(1)独自の技術やアイデアを活かした新商品の開発または新サービスを提供する事業
(2)IT、バイオ、深層水に関する事業で、競争優位性が認められる事業
(3)地域貢献型事業(コミュニティビジネス)、または中心市街地、商店街、共同店舗等の空き店舗等を利用して行う事業で、地域活性化に貢献する事業
(4)とやま起業未来塾のビジネスプラン発表会で入賞した事業計画に従って実施する事業

1製造業、建設業
   上限200万円(助成率1/2以内)  3件程度
2卸売・小売・飲食・サービス業等その他の業種
   上限100万円(助成率1/2以内)  8件程度

【公募期間】
平成21年8月10日(月)当日必着


【問い合わせ・情報元】
財団法人 富山県新世紀産業機構 中小企業支援センター


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com


posted by 西井克己 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

リサイクル技術開発本多賞

おはようございます。北陸の中小企業診断士西井克己です。
今日は、リサイクル技術開発本多賞についてお知らせします。

【対象事業者】
3Rに関する技術の開発に従事し、優れた研究報文又は実効のある技術報文発表を行った国内の大学、高専、公的研究機関、民間企業の研究者・技術者(個人又はグループ)を対象

【支援内容】
研究報文と技術報文の2区分で募集します。
研究報文は、主に国内の大学、高専、公的研究機関の研究開発、技術報文は、主に民間企業の技術開発という位置付けで、次の各項に該当する分野を表彰対象とします。
  (1)リサイクルを必要とする資源の枯渇状況の調査、解析
  (2)廃棄物の発生抑制(リデュース)に関する技術開発
  (3)リユース、リサイクルを促進する技術の研究開発
   ・リユースし易い製品の設計
   ・リサイクルし易い製品の設計
   ・リサイクルを進めるための有効なプロセスの開発
   ・リサイクル材料の有効な新規用途の開発
 (4)前項(2)(3)に関連する技術及びシステムの実用化開発
  (5)その他、3Rの普及・進展に貢献する効果的な技術開発

表彰件数は2件以内
(財)クリーン・ジャパン・センター会長名賞状及び副賞(賞金50万円)が授与されます。

【公募期間】
平成21年7月10日〜平成21年9月30日


【問い合わせ・情報元】
(財)クリーン・ジャパン・センター


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com
posted by 西井克己 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

経営者の考えを外部に伝える大切さについて

こんにちは、北陸の中小企業診断士西井克己です。
今日は、経営者の考えを外部に伝える大切さについて
最近思っていることを書いてみたいと思います。

中小企業は、大企業と比べると当然に情報が充実してません。
大企業は、パンフレットやホームページが充実しており、
さらに上場企業になると有価証券報告書や四半期ごとの業績を開示しています。
中小企業の場合はパンフレットを作っても古いまま、ホームページもないという会社が少なくありません。

大企業は中小企業と比べ比較的業績が良い会社が多く、外部(株主や金融機関)は大企業に対し支援を厚くする傾向があります。

中小企業は、大企業と比べ業績が良くない会社が多く、かつ会社の情報も集めにくいため、なかなか積極的な支援を得ることができません。

しかし、中小企業はこの厳しい景況を乗り切るためには、
自己の力だけではなく、外部の力をお借りする必要があると思います。

この厳しい状況だからこそ、
経営者は、わが社がどんな状態であり、
「今後どのようにしていくから」
協力をお願いします。
という姿勢がなければ、協力は得にくいと思います。

経営者の心意気や考え方はもちろん、今後、どのように会社を
動かしていくのか、相手に伝えることが大切だと思います。
そして言葉でお伝えすることも大切ですが、
やはり事業計画書や知的資産経営報告書などの文書で
お伝えするとさらに、経営者の意図が相手に伝わりやすいと思います。

私は中小企業診断士として、
前向きな経営者の考えを外部機関にお伝えする
支援をしていきたいと思います。


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

posted by 西井克己 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

金沢商工会議所創業者助成金制度

おはようございます。北陸の中小企業診断士西井克己です。
今日は、金沢商工会議所創業者助成金制度についてお知らせします。

【対象事業者】
1.中小企業者に該当し、確立したビジネスプランをお持ちの方
2.平成21年1月1日以降に金沢市内の賃貸物件で事業を開始した方
3.平成21年12月31日までに金沢市内の賃貸物件で事業を開始する方
4.創業までは“事業を営んでいない個人”である(であった)方
5.金沢市内を本店所在地として設立する(設立された)法人

【支援内容】
1.助成金額
一般分 =月額家賃の1/2もしくは10万円のいずれか低い額
中心市街地分=月額家賃の1/2もしくは12万円のいずれか低い額
(いずれも共益費を含みますが、駐車場代等の付帯費用は含まれません)
2.助成期間
平成21年10月以降で決定後(創業後)の翌月から3ヶ月間
(決定時〔創業時〕に当初1ヶ月分、3ヶ月経過後に残額を助成します)

【公募期間】
平成21年7月1日〜平成21年8月28日


【問い合わせ・情報元】
金沢商工会議所中小企業相談所
posted by 西井克己 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。