2011年12月31日

今年も最後の仕事は経営計画の策定

おはようございます。北陸の中小企業診断士西井克己です。
今年も最後の日となりました。
1月決算の当社は、毎年、年末に決算予測と来期の計画を策定します。

期末に今期を振り返り、
今期で明らかになった課題を考える。
そして、その課題を来期で解決していく。
この当たり前のことを継続できるかどうかで将来の会社が決まってくると思います。
当社も愚直に課題解決に取り組んでいきたいと思います。

今年は、当社としても新しいことに取り組んだ1年でした。
新しいことに取り組むと、自社だけでは解決できないことが多く、
いろいろな方に助けていただいた1年でした。

今年1年、いろいろな形でご協力を頂いた方、ご縁のあった方
に感謝したいと思います。
ありがとうございました。



人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com
来年もよろしくお願い申し上げます。











posted by 西井克己 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

オフィスの改善事例(色分け収納)

おはようございます。北陸の中小企業診断士西井克己です。

今日は当社の改善事例(KAIZEN)を紹介します。

改善前
DSCN0069.jpg
テンキーが横積みで取り出しにくいです。
また、片づける時も片付けにくいです。

そこで、100円ショップで、間仕切り材(ハニカム状のプラスチック)を
購入し、間仕切りました。
やっぱり改善は100円ショップですね。
購入した間仕切り材
DSCN0072.jpg

最後に色分けを行い収納完了
空いたスペースにプレゼン用のレーザーポインターも収納できました。
DSCN0068.jpg

年末は大掃除を行う事業所が多いと思います。
掃除のときに不要物を捨て、整理整頓を行う
良い機会だと思います。


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com


posted by 西井克己 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスの改善事例(KAIZEN) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

雪が積もりました

北陸の中小企業診断士西井克己です。

今朝、金沢でも雪が積もりました。
といってもうっすらですが。

安全運転でいきたいと思います。
KC3Z0039.jpg


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com
posted by 西井克己 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘年会(ごっつおや ふく美味さんにて)

おはようございます。
北陸の中小企業診断士西井克己です。

昨日は、行政書士勝尾事務所と株式会社迅技術経営の忘年会でした。
場所は、ごっつおや ふく美味さん(金沢市黒田2-124 TEL076-249-2933)
住宅街にある隠れ家的なお店です。

KC3Z0038.jpg

とってもおいしい料理をいただきました。
また、おすすめのお酒もおいしくついつい飲みすぎてしまいました。

タクシーを使ってもいく価値があるお店でした。


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com


posted by 西井克己 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

中小企業診断士2次試験(筆記)結果

こんばんは、北陸の中小企業診断士西井克己です。
12月9日は、中小企業診断士2次試験(筆記)の合格発表の日でした。

中小企業診断協会のHPより結果を引用します。

申込者数
4,142人
筆記試験の受験者数(A)
4,003人
口述試験を受験する資格を得た方の数(B)
794人
(B)/(A)
19.8%

794人の方おめでとうございます。
口述試験も気を抜かず頑張ってください。

中小企業診断士となることは
中小企業支援に携わるスタートラインに立つこと
と思います。

一緒に中小企業支援ができる日を楽しみにしています。


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com






posted by 西井克己 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

3次補正予算「国内立地推進事業費補助金」

おはようございます。北陸の中小企業診断士西井克己です。

3次補正予算「国内立地推進事業費補助金」の公募が開始されましたので
お知らせします。

○応募要件
助対象要件A又は補助対象要件B又は補助対象要件C(以下それぞれ「要件A」、「要件B」、「要件C」という。)に掲げる要件をすべて満たすもの

<要件A>
@ サプライチェーンの中核分野となる代替が効かない部品・素材分野(以下のア・イをともに満たすこと)
ア.当該部品・素材分野における国内市場シェアが10%以上、又は、取引先から分散化・複線化※等の供給責任を果たすための投資を求められているもの
イ.輸入代替性が低い部品・素材であること(海外輸入比率が低い等)
A 補助対象事業部門の国内雇用を震災前と同水準で4年間維持すること
(ただし、被災地及びグループ化中小企業においては、補助対象となる生産拠点における補助対象部門での雇用が震災前と同水準で4年間維持する場合も可とする。)

    ※複線化とは、複数拠点で緊急時代替生産を可能とすることを指します。

<要件B>
@ 高い成長性が見込まれる分野に関する製品又はその部材の製造に係る事業
(以下のア・イをともに満たすこと)
 ア.成長分野として政府決定文書等に記載されている分野
  「「新成長戦略(平成22年6月閣議決定)」のグリーンイノベーション、ライフイノベーション分野」、「Cool Earthエネルギー革新技術計画(平成20年3月経済産業省)」、「環境エネルギー技術革新計画(平成20年5月総合科学技術会議)」及び「「産業構造ビジョン2010(平成22年6月経済産業省)」の今後の成長戦略分野」に記載された産業分野にかかるもの
イ.高い成長性が見込まれる分野
市場規模が、直近2年間(平成20年度から平成22年度)で25%以上拡大しているもの
(注)製品の最終組立工程のみを設備投資の対象とするものは、原則、認めない。ただし、革新的生産工程の導入により付加価値が向上する場合(ラインの総資産効率性、エネルギー効率性、労働生産性のいずれかが大幅に(=20%以上)向上する場合)には、製品の最終組立工程のみであっても補助事業の対象とする。
A 思い切った投資により新たな市場創出・市場拡大につながる投資案件であること
(本要件は、非上場企業及び中小企業には適用しない)
補助対象事業が通常投資に回すことができる現預金残高(注)を超える投資額であること、又は、補助対象事業が50億円を超える投資案件であること。
(注)通常投資に回すことができる現預金残高とは、
(BS上の現預金−短期借入金)−「一月当たりの平均売上高」×「2.4」とする。
B 国内の雇用を長期安定的により多く創出する事業
補助対象経費1億円あたり、原則として、3人・年以上(注)の雇用を創出するもの
(注)例えば、3年間の長期雇用とするのであれば、1人以上(1人以上×3年間)の雇用を創出するもの(ただし、最短2年間(1.5人以上×2年間)で最長10年間(0.3人以上×10年間)とする。)
ただし、(@)被災地に投資する場合、(A)革新的生産工程の導入により付加価値が向上する場合(ラインの総資産効率性、エネルギー効率性、労働生産性のいずれかが大幅に(=20%以上)向上する場合)、又は(B)グループ化中小企業の場合は、雇用維持要件(補助対象事業部門の国内雇用を震災前と同水準で維持すること)で足りることとする。
 

<要件C>
@ 複数の中小企業等のグループで共同で実施・申請する事業
A 要件A又は要件Bに掲げる要件を満たすこと
B サプライチェーン上の重要な製品又は高付加価値品の生産に必要なものづくり中核技術※を活用したグループ化であって、円高対策として厳しい国際競争環境に打ち勝つための集約化・高効率化・強靱化を目指した取組みとして、次のいずれかのグループ化メリットを有するもの
(1) グループ化によるスケールメリット(規模の拡大による効率化)
      例:設備稼働率向上や、資材発注量拡大等による調達コスト低減等
    (2) グループ化によるシナジー効果(技術等の補完による効果)
      例:技術、調達先、販売先等の増加による開発・生産柔軟性拡大等
※ ここで「ものづくり中核技術」とは、ものづくり基盤技術振興基本法施行令(平成11年政令188号)第2条に定めるものづくり基盤産業において利用される技術をいう。

○補助率
補助率は以下のとおり。
 
補助対象事業者
補助率
中小企業以外の企業 1/3以内
中小企業 1/2以内
(グループ化中小企業は2/3以内)

詳細は、経済産業省のHPまで
http://www.meti.go.jp/information/data/c111128bj.html


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
http://www.g-keiei.com

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
http://mochiya.g-keiei.com

posted by 西井克己 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 補助金・助成金情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。