2012年10月30日

20代と30代の考え方の違い

こんばんは、北陸の中小企業診断士西井克己です。

昨日、20代のころと現在の考え方がどのように変わったのか少し考える時間がありました。

それをいくつか列挙したいと思います。

・うまくいかなかったときには、まず自分が悪いと考えるようになりました。
・成果を考えるときに長期的(月単位→年単位)になりました。
・自分の中で全力と考えるハードルが上がりました。
・自分の考え方をどのようにすれば相手に伝わりやすいかに注力するようになりました。
・仕事がうまくいったときにもっと喜べるようになりました。

私自身の基本的なものの考え方(根っこの部分)は変わっていないと思っていますが、
少しずつ、年齢や立場によって考え方が変わってきているのかもしれません。
(いろいろな方に出会い、自分の中で吸収することで考え方が少しずつ変化するのかもしれません。)

いずれにせよ、いろいろな視点でものを考えられるようになりたいと思います。


人気ブログランキング参加中です。記事が参考になった方、ワンクリックお願いします

よろしければ中小企業診断士西井克己が代表を務める
株式会社迅技術経営のホームページもご覧下さい
中小企業診断士事務所の迅技術経営

迅技術経営のファイスブックページができました。
いいねお願いします。
迅技術経営のフェイスブックページへ

弁理士・行政書士・中小企業診断士が
知的資産経営を支援する
もちや事業部はこちら
知的資産経営を支援するもちや事業部




posted by 西井克己 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。